第一夜:自然光でシズル感を出す

OYMPUS PEN-FT F ZUIKO-AUTO S38mm F1.8
OYMPUS PEN-FT
F ZUIKO-AUTO S38mm F1.8

料理を撮影するときは「自然光」を利用すると、シズル感が出ます。艶とか照り(あ、一緒のことか)ですね。

なので、店に入ったら、ずかさず窓際のテーブルを確保してください(笑)できれば、窓に対して正面(逆光)に座るといいです。正面ではなくても、撮影時に、少し横にズレたりなんかして撮れば問題ありません。

食べものって、美味しそうに撮るのが難しいんですよね。

プロの人もあらゆる小物を使ったり、ライティングを工夫して撮影しますもんね。氷がアクリル製だっていうのは有名な話しですし、水滴も霧吹きで一番ベストな部分にだけ吹き付けます。その水もただの水だと蒸発しちゃうし、ダラダラ流れてしまうのでグリセリンを混ぜて、ある程度粘性をもたせたり。

あと今は違うかもしれませんが、アイスコーヒーや紅茶なんかは醤油で代用していましたしね。

撮影に使用される料理のほとんどが「食べられない作りもの」でなんてこともありますし。テクニック云々というより、アイデア勝負なところがありますよね。

japanese_style_wa
夏野菜と豚ばらのトマト煮ごはん

長崎の南山手に、ご夫婦でお店を切り盛りされていた「カフェ・ド・アルミロ」というカフェがありました。過去形なのは、現在長崎のお店は閉店し、ご主人の実家がある横浜で再スタートされているからです。

ここで食べた「夏野菜と豚ばらのトマト煮ごはん」が忘れられなくて、今でもたまに写真を見てしまいます。なんといったらいいのか。カレーハヤシトマトソースみたいな。和でもない、洋でもない、中でもない。なんとも言えない優しい味。多分、ありそうでない味です。

機会があればぜひ。
カフェ・ド・アルミロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。