第126夜:kindle本の表紙を作成させていただきました

特許翻訳者の藪内達也さんが、今月2冊のkindle本を出版されるとのことで、
表紙の作成をご依頼いただきました。

下記、新刊2冊のカバーデザインをお任せいただきました。
※画像をクリックするとAmazonに移動します

kindle 藪内達也 人生は自由形 海外フリーランス編 kindle 藪内達也 点は繋がる

「人生は自由形」に使用した写真は、藪内氏が滞在しているポーランドの仕事部屋です。
シュガー好みのとてもステキな写真で。
藪内氏からは最初、「この写真を「帯」に使用してください」と言われていたんですが、もったいなくて(苦笑)どうしても大きく使いたかったので、表紙にもってきてOKをいただきました。

最初に藪内氏のkindle本のカバーを作成したのは2016年、ちょうど去年の今頃だったと思います。翻訳者仲間と「あーだこーだ」と言いながら作成した表紙がこちらです。

「人生は自由形:特許翻訳編」

このデザインになるまでに、約30パターンを経て現在の表紙に落ち着きました。
※以下、ラフ案の一部です

  

藪内氏がポーランドに移住するってことで、餞別のつもりでつくりました。(無料)
正直、1冊目は要領を得ていなくて、ほんと申し訳ない感じでした。
キャッチやリード文を考えるスキルも足りていなかったですし。

そんな藪内氏ですが、一旦ポーランドを離れ、少し旅に出たあと日本に帰国されるそうです。またしばらくしたら、どこぞに旅出るのでしょうけど。

旅した国々の写真集を早く出版して欲しいですね~。

で、今回、「人生は自由形:海外フリーランス編」では、約10パターンくらいをご提案。
※以下、ラフ案の一部です

kindle 表紙 カバーデザイン kindle カバーお作りします kindle カバーデザイン ラフ案

 

「点は繋がる」では約10パターンのご提案をしました。
※以下、ラフ案の一部です

kindle カバーデザイン お作りします kindle カバーデザイン ラフ案 kindle カバーデザイン ラフ案

元々、藪内氏が持っているイメージ、タイトルやキャッチを生かしつつ、あれこれ捏ねくり回して作成していきます。真ん中の赤い帯のデザインは藪内氏のイメージをラフ案に起こしたものです。

デザイン、キャッチ、サブタイトル、たくさん却下されましたが(笑)、Skypeでのすり合わせも含め、出来上がっていく過程が楽しいんですよね。

クラウドワークスやココナラなどで頼めば、もっとコストを抑えられたと思います。
それでもシュガーにご依頼いただいたことに感謝です。
見積もりを出したときにアイミツされるだろうし、正直、お断りされるかなーと思ってました。

kindle本のカバーデザインやキャッチコピーをご依頼の方へ

ここでコッソリ営業(笑)

kindle本表紙の制作料は9,000円~20,000円でお引き受けしております。

デザインがどこまで決まっているのか、
素材(写真やイラスト)はご準備されているか、
キャッチやタイトル案は?
校正・校閲を頼むか?
などで変動します。
要は、シュガーにお任せいただける工程が増えるほど、料金も比例して高くなります。

修正回数は無制限です。納期ギリギリまで対応させていただいています。
出版後のタイトル変更、写真の差し替えなどは1回まで無料です。
太っ腹!<自分で言うな

ご希望の方は一度、お問合せフォームからご相談ください。見積もりをださせていただきます。
※お見積は無料です