店休日:はあちゅう旅サロンnoteマガジン編集室

note 旅本編集室

あれよあれよという間に9月なわけですが。
そろそろnote旅本編集室の「スピンオフマガジン」用に記事を書かねばと、
担当である「広島と離島」のうち離島編に着手しました。

さて、この企画についてはあまり書いていなかったので、ここいらでざっくり説明しておきます。

きっかけは、はあちゅうさんの旅サロン

7月の初旬、Twitterでたまたま見つけた、はあちゅうさん主宰の有料オンラインサロン「旅本編集室」に参加しました。そのサロンでお知り合いになった「きゃろたまさん」が中心となってはじまった企画が「はあちゅう旅サロンnoteマガジン編集室」です。

旅サロンnoteマガジン編集室は、旅本サロンに参加している有志で運営されております。
といっても、きゃろたまさんがFacebookで告知し、人を集め、noteで専用マガジンを立ち上げ、簡単なルール決めをし、どんどんどんどん進んでいきました。
本当にあっという間に企画がカタチになって、きゃろたまさん、驚くべき瞬発力です。

シュガーは「広島と離島」で参加表明しています

 

大崎下島 船宿カフェ若長 アイス抹茶ラテ

離島編では、大好きな大崎下島の御手洗地区にある「船宿カフェ 若長」さんを写真付きでご紹介することにしました。御手洗の紹介をするなら、若長さんは欠かせないですから。

今回の企画を進めるにあたって、店主の井上さんにお店の紹介、写真使用の許可をいただきました。
こんなどこの馬の骨ともわからない素人に、快く対応くださり本当に感謝です。

第104夜:ちびっ子カメラマン、大崎下島へ行く

2017.01.07

そして、まずnoteを使ったことがなかったので、アカウントをつくるところからスタート。
Instagramも活用しようという話しになり、こちらも急いでアカウントをつくりました。
今、少しづつ活用方法を探っているところです(苦笑)
ハッシュタグってなによ!?ってところから。
camerado.jp

広島編は、宮島、竹原と迷いましたが、つい今しがた思いついた『西区のとある場所』にしようと思います。市内からは外れていますが、広島に来たらぜひとも訪れて欲しいところなんです。

テーマを決めて、さっそく書いていかないと。
もうすぐ10月になっちゃうよ。

旅サロンnoteマガジンの今後

実はまだ詳細は決まっていません。noteからkindle出版するか?写真の個展をひらくか?などなどの案が出ています。

現在は各都道府県代表の方たちが(私を含め)、記事を作成している段階だと思われます。

どんなカタチになるにせよ、サロンでの縁は大切にしたいですし、次につながるものを残したいと思います。

そして、これもさっき思ったんですが大崎下島のことをまとめた「旅本」をつくりたいなと。旅メインというよりは、写真メインになりそうですが。

やるとなったら、大崎下島へも行かなければなるまい。
できれば今年中に出版したいなあ。