第十三夜:Super-Takumar 1.4/50は7枚玉より8枚玉

Super-Takumar
ボディはPENTAX SPで、レンズはご覧のとおり、いまさら説明するまでもない、Takumarのトリウムレンズ(アトムレンズ)が付いています。セットで2000円(ヤフオク)でした。

このSuper-Takumar 1:1.4/50、非常にいい描写をします。ちょっとあり得ないくらいの写りです。

作例

 

さて、このレンズ、7枚玉と8枚玉があって(本当はもっともっと複雑なんですけど)、うちにあるのは7枚玉です。人気は8枚玉で、7枚玉の倍くらいの価格で売られていることが多いです。今でこそ8枚玉もオークションでたまーに見かけるようになりましたけど、知ってか知らずか、7枚玉のSuper-Takumar 1:1.4/50を8枚玉の値段で出品している人がいるんですよね。

研究しつくされたHPがあるので、ご紹介しておきます。簡単な見分け方を抜粋しておきますが、実際に購入するときは、リンク先のHPをじっくり見て、オークションなら不明点は出品者に質問、実店舗ならスタッフに確認をしてくださいね。

Super-Takumar レンズの見分け方
7枚玉は、後ろ玉にトリウム(放射性同位元素)レンズを使用しているので、経年により黄変していることが多いです。というか、ほとんど黄変しているはず。うちのは、これくらい変色していました。

Super-Takumar 黄変

日光にある程度さらしておくと、薄くなるそうですが試したことはありません。

酸化トリウムをレンズの製造に使用しているため、放射線を出していると言われて一部で恐れられていますが、その量は微量でまったく問題ないとの見解が多いです。また実際に放射線を測定した方もたくさんいらっしゃいますが、問題ないレベルだと確認されています。

もっとも、毎日肌身離さず持ち歩いているとか、寝る時も一緒とかになるとNGっぽいですが(苦笑)

これらの黄変したレンズは、リバーサルフィルムには使用できないのでご注意くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。