初めての方へ 中古フィルムカメラ購入ガイド

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

これからフィルムカメラを買おうと思っている方へ少しでもアドバイスできればと思います。

現物を見て決めることができるという点で、基本、店舗での購入をおすすめします。大型量販店だと中古でも、保証をつけてくれるお店もあります。個人のお店だと、保証はなくても、ちょっとの修理なら無料でやってくれたり、ケースや小物をおまけしてくれたり、まけてくれたりいろいろ融通をきかせてくれることが多いです。これがまた結構楽しいんです。

とはいえ、オークションやインターネットの通販サイトにも魅力的な中古カメラが出ていることも多々あるので、利用している人がいるのも確か。かく言う私もソルトさんも、ヤフオクやeBayで購入することはあります。

何と言ってもヤフオクは取引が楽だし、国内なので届くのも早いです。eBayは、日本ではあまり見かけないようなカメラが見つかることもあります。見てるだけでも楽しい。私がまだカメラのオークションでひどい目に合ったことがないというのもあるかもしれませんが、オークションはいまだに利用しています。

というわけで、初心者の方が中古カメラを購入する際の注意点5つあげてみました。

なお、シャッターが切れて、絞りが動作していること前提です。

・オークションの場合「転売屋」ではない方から買う
・外観の汚れ、グリップのべたつき、傷、へこみなど
・電池が液漏れしていないか
・モルトの有無または劣化具合
・レンズのバルサム切れ、カビ、傷、くもりのチェック

では、1つ1つみていきましょう。

・「転売屋」ではない出品者から買う

オークションで購入する場合は以下の点に注意してください。

以下の言葉が商品説明文に入っている出品者は、見た目の派手さ関係なく要注意です。質問を投げかけてみる、これまでの取引履歴を確認するなどしてくださいね。

要注意キーワード
奇跡の極上品、美麗品、超極上品、極美品、新品級、希少、限定、一台限り、お待たせしました、チャンス、専門店でチェック済み、送料一律1,200円、3つの安心、返品サービス、無水アルコールなど。

これらのキーワードを赤や青の文字で大きく記載してあるのが特徴です。

♪や★も多用していて、とにかく派手な方が多い。でも、最近はそれも通用しなくなってきたのを知ってか知らずか、派手さをなくして、塾生というのが一見してわかりにくくなっていることもあるので気をつけてください。

あと、これは実際に出品されている転売屋のスクリーンショットですが、
SnapCrab_No-0001
こーんな感じに注意書きをうす~く記載した姑息な方もいらっしゃいます(苦笑)

それともう1つ。
「前オーナー様が何度も修復をされており、深い愛情が感じられます」
「前オーナー様が修復して大切に使用されていたようです」と言った記載があると、傷や汚れなんかをタッチアップペン(車の傷を直すペン!)で修正して出品している可能性があります。ご注意くださいませ。

最近では、手口がダダ漏れになっていることを知ってか知らずか、赤や青の強調文字を使用しなかったり、一見、一般の出品者っぽくみえるようにしていることがありますが、ところどころボロが出ている人がいます。そう簡単に転売屋臭は拭えません。

・外観の汚れ、グリップのべたつき、傷、へこみなど

外観に関しては許容範囲に個人差があるので、細かいことは書きませんが、転売屋は主観とか受け取り方の違いを利用して、傷だらけ、カビだらけのカメラを「極上美品」として売りさばいている方もいるので惑わされないようにしてくださいね。それでも、相応の値段なら問題ないのですが、微妙に高い値段で出品している転売屋も存在しますので注意してください。

グリップのベタつきは、意外と気になります。しかも、このべたつきってゴムから発生しているものなので、拭きとってもまたべたついてくるっていう……。基本、交換になるんですが、なかには無水エタノールやシール剥がしで除去する方もいるみたいです。たとえば、こちらとか。

あと、意外と忘れがちになるのが「喫煙」です。オークションの場合、出品者もしくは、出品者の家族に喫煙者がいると、最悪カメラ本体やレンズ、ストラップからものすごい「ヤニ臭」がすることもあります。落札前に確認しておきたいところです。ファインダーをのぞくたびにヤニ臭とか……耐えられません(苦笑)

・電池が液漏れしていないか確認する

今でこそリチウム電池なのであまり心配はないんですが、単3電池を使うカメラ(たとえば、konicaのFS1とか)だと液漏れを起こしてることがあるんですよね。

内部まで液が回ってしまっていると、どうしようもない(致命的な故障につながっていることが多い)んですけど、接点が少し錆びているくらいならヤスリで削ればいけるので、気にしなければお買い得です。

さび

・モルトの有無または劣化具合

モルト劣化
裏蓋の縁なんかに黒いスポンジのようなものが貼ってあります。モルトというんですが、これ、劣化してヘタってると内部に光が入り込んでくることがあります。モルトは遮光の目的があるんです。なので極端な話し、光が漏れていないならなくてもいいです。

モルトがなく、内部に光が入ってしまうとこんな感じに写ることがあります。

FH000029
モルトの状態がいいに越したことはないんですけど、あまり神経質にはチェックしません。うちはソルトさんが張り替えてくれるので(笑)モルトは通販でも買えますよ。ただし、カメラによっては位置的に張替え、交換が難しいことがあります。

フィルムカメラ モルトのカス
どっちかっていうと、劣化して剥がれたモルトのカスが、シャッターの邪魔をしたりするほうが気になりますかね。そういう意味でも、シャッターなどの動作確認は必要です。

・レンズのバルサム切れ、カビ、傷、くもりのチェック

参考画像を貼り付けておきました。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、自信がないなら手を出さないほうがいいです。出品者がカメラに詳しそうな人なら、質問にもきちんと答えてくれます。転売屋さんだと、まず無視されるか、わかりませんと言われます。入札は慎重に。

ごみちり
ゴミやチリは、もうある程度しかたないです。新品でもゴミがたくさん混入していることがありますからね。とはいえ、あまりに酷いのは返品・交換対象です。

曇りやカビ、バルサム(レンズを貼り合わせる接着剤)切れにも気をつけてください。
写りに影響が出ることもあります。

カールツァイス バルサム切れ
バルサム切れのレンズ(画像提供:佐藤くん

レンズが曇ってしまう原因は、レンズのガラスに含まれる様々な物質の酸化によるものもあれば、コーティングの劣化によって曇る場合もあります。

曇りとかび

傷は見ればすぐにわかります。(適当すぎ)

ファインダーを覗いてみることも忘れずに。アイピースに目を付けるのはもちろんですが、ファインダーから少し目を離して前後から覗いてみると、意外に汚れていたりします。

 

とりあえずはこれくらい押さえておけば大丈夫です。なんにしろ中古なので、なにかしらのリスクはあります。初心者の方はできるだけ実店舗、どうしてもネットで購入するのであれば少々値段が高くても、大手のカメラ屋が出品しているカメラを買われることをおすすめします。

何かわからないこと、聞いてみたいことなどがあればメッセージください。できるかぎりアドバイスします。カメラ転売に関することは内容によってはお答えできない場合があります。